繰り上がりの計算、「小さい数字」は書くべきですか?

こんにちは。家庭教師のフェイス スタッフのショウです。

この度家庭教師のフェイスをご利用頂くことになったご家庭のお母様からこんな質問をいただいたのでこちらでもご回答しようと思います。

「現在小学校1年生の息子が、筆算の計算をするときに、学校では繰り上がりの小さい数字を書きなさいと習っているのですが、某塾では小さい数字は書かずに頭の中でやりなさいと習っています。どちらでやるべきですか?」

これは、学校や塾によって教え方が異なる難問です(笑)

繰り上がりの数字に関しては、頭の中でできるのであれば書かずにやっても構いません。書かないほうが時間が早くなり、また、低学年にやればやるほど効果的な頭の体操にもなります。しかし、頭の中でやるということはミスが起こる可能性は上がってしまいます。

繰り上がりの数字を必ず書きなさいと指導している学校や塾は「ミスをなくすため」という指導をしています。

家庭教師のフェイスでは、このようなご質問に対しては「生徒さんによって推奨する方法は異なります」とお伝えしています。

頭の中でやってもミスをしない生徒さんには書かないことをお勧めしますし、せっかちでミスが多い生徒さんには必ず書くようにと指導します。一番よくないのは、筆算をするたびに書いたり、書かなかったりする気まぐれなやり方です。これでは筆算の計算が全く定着しません。

でも・・・どちらが良いのかどうしても決められない!と言われた時には、「繰り上がりの数字を書く」という方法をお勧めしています。

理由は単純で、繰り上がりの数字を書いたとしても大した時間のロスにならず、繰り上がりの数字を書く時間はミスをなくすための適切な投資だと考えられるからです。逆に言えば、その時間を惜しんでミスが増える可能性が少しでも上がるのは勿体無いという判断です。

正直に言えば、これは「どちらでも良い問題」なんです。先生一人対生徒多数の集団授業では、どちらでも良いというと無責任のように捉えられる可能性があるので、どちらかのメリットを説明して統一させているのです。生徒個々人で変えても全く問題ありません。

どうしてもどちらかに決められないならば、数字を書くほうをおすすめしますが、あまり深く気にせずにどちらかの方法でたくさん筆算の練習をすることの方がうんと大事だと思います!
家庭教師のフェイストップページへ

コメントは受け付けていません。