面倒見がよく思いやりがあるお子さんの特徴と攻略法

面倒見がよく思いやりがあるお子さんは、どのように指導をすると有効でしょうか。家庭教師の方や、ご家庭でお子さんに勉強を教える場合にはこのような面に気をつけて教えてあげるといいでしょう。

タイプ別の長所・短所

・長所
このタイプのお子さんは、親切で思いやりがあります。そして非常に周りとの順応性が高く、困っている人やきつそうな事をしているひとを見ると無視することができない性格をしています。自分のことよりも周りの人たちの立場や気持ちをわかろうとする傾向が強くあります。その場の状況や相手に合わせた行動をとることができるという特長があります。

・短所
周りの人たちに良くしようとするので、自分のことはおろそかになりがちです。人に施そうとする気持ちの強さから、本当は必要のないことについても手を出してしまうこともあります。おせっかいやありがた迷惑なことをしてしまった挙句、感謝をされなかった場合は怒ってしまうこともあります。人からの頼まれごとを断ることができずに面倒なことをやってしまいます。

このようなタイプの生徒さんは、まずは自分が人から好かれているかどうかを重んじています。そのために、人の助けになることや人に親切にすることを大切にしています。逆に、周りとの関係が良好でないことや、自分が親切にしたのに感謝されないと嫌な気分になります。

また、場の空気を読もうとしたり相手の気持ちを考えた上で行動しようとするため、理屈よりもその場の雰囲気を重視します。そのため、人の意見に流されやすく自己主張をするのが苦手です。人と一緒にいることを好む反面、対人関係で気になることがあるとそのことばかりに気をとられてしまいます。人に頼られてしまうと断りきれないような気弱な一面もあります。

では、どのような学習方法をとればこのタイプの生徒さんを伸ばすことができるでしょうか。

1)理論よりも例えを説明する
このタイプの生徒さんは、抽象的な理論を説明されることを嫌がります。特に教科書に書かれているような説明を延々と聞かされると聞き流してしまう傾向にあります。集団授業よりも1対1の個別指導や家庭教師の授業に向いているといえます。もとも感受性が豊かなので、そこに響くもので教えていくと反応もよくなります。日常生活で起こりえるような身近なわかりやすい例に置き換えて説明をすることで、勉強の面白さに気づきやすくなり、学力もぐんと伸びます。

2)一人で勉強する時間を多く取る
学校の図書館で勉強することや、自習室でみんなと一緒に勉強をしたり、家で勉強するときも友達を呼んだり・・・。とにかく人と一緒にいることが好きなタイプです。友達と一緒に勉強する事は意欲が向上することもありますし、教えあう事で理解が深まることもあるので一概に悪い事とはいえません。しかしこのタイプの子は、自分がしなくてはいけない科目の勉強があるのに友達に合わせて他の勉強をしてしまったり、人に教えることに一生懸命になったりすることがよくあります。ですので、やる気を削がないように気を使いながら、学年が上がるごとに一人で勉強する時間を多くしていいましょう。友達と同じ塾で同じクラスというときには注意が必要です。

3)自分自身の長所や短所に興味を持たせる
自分のことより他人のことに関心が向くタイプです。情に厚く友人思いなのは大変いいことなのですが、やはり自分のことをよく知らないと成長はしていきません。自分が〇〇中学に行きたい!将来は△△(職業)になりたい!という強い思いを持って努力できるように、自分が好きなことや、自分の将来について語る機会を設けるのがいいと思います。みんながするから自分も受験するという周りに流された意見で大学まで進んでしまっては、その先どうしてよいのかわからずに途方に暮れるという未来が見えてしまいます。

【このページでは家庭教師のフェイスに頂くご意見や家庭教師が実際に指導した感想の中から、家庭教師のフェイス教務がピックアップした家庭教師教育情報を更新しています。家庭教師を検討中の保護者様・他会社で家庭教師をつけてはいるが成績が伸び悩んでいる方向けに当会家庭教師アンケートを元にした家庭学習のヒントをご紹介しています。家庭教師をご検討中の保護者様は是非お問い合わせください。その際に、個々の生徒様に応じたアドバイスもさせて頂いております。】

お問い合わせはこちらです。お気軽にどうぞ!

家庭教師のフェイスは、東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県へ家庭教師を派遣しています。大手の別家庭教師会社に登録している家庭教師を他社様よりも安い金額で派遣し、教師に高時給で還元することで教師の質を維持しています。
家庭教師のフェイストップページへ

コメントは受け付けていません。